大学について

三宅島大学とは ― <未来のいま>に出会う場所

img_about「三宅島大学」は、三宅島全体を〈大学〉に見立てて、さまざまな「学び」の場を提供する仕組みです。
それは、自然との長い関わりについて考え、私たちの「想う力」を育む場です。学校教育法上で定められた正規の大学ではありませんが、〈大学〉の講座やプログラムを通じて人びとが出会い、のびのびと語らう「学び」の場をデザインし、コミュニケーションの誘発を試みるプロジェクトです。

「三宅島大学」は、講義や実習ばかりではなく、課外活動や 〈学生街〉の役割もふくめて構想したいと考えています。
既存のさまざまな実践の理解、豊かな地域資産の発見・再発見 を通じて、多様な連携の可能性を見出すことも重要な課題として位置づけています。誰もが学生に、あるいは教員になって、三宅島での「学び」 がはじまります。三宅島には、〈未来のいま〉があります。
人びとや自然に向き合い、逞しくて優しい未来を実感するために、船に乗りましょう。

» 平成25年度 大学案内パンフレット
» 平成24年度 大学案内パンフレット
» 平成23年度 大学案内パンフレット

twitter

facebook