教員あいさつ

大学とは何か・島とは何か?

日比野克彦

三宅島大学教授
日比野克彦
アーティスト /
東京芸術大学 美術学部
先端芸術表現科教授

「島を大学に見立てるということは、どういうことなのですか?」
という質問を自分に投げかけてみました。
この質問に答えるために、「大学とは何か・島とは何か?互いの共通項に対しての答えが以下の6つ。

□共通項その1
島には入島するというゲートがある。
大学には入学するというゲートがある。

□共通項その2
島には絶えず人が出入りしている。
大学には絶えず人が出入りしている。

□共通項その3
島には一つのことをやり通している人がいる。
大学には一つのことをやり通している人がいる。

□共通項その4
島は世間とは距離をおいてゆっくり時間が流れているようだといわれる。
大学は世間とは距離をおいてゆっくり時間が流れているようだといわれる。

□共通項その5
三宅島では20年という区切りの時間軸を意識の中に持っている。
大学では4年という区切りの時間軸を意識の中に持っている。

□共通項その6
三宅島は地球の時間と人の時間を教えてくれる。
三宅島大学は地球の時間と人の時間を教えてくれる。

ということで
三宅島は三宅島大学になります。

twitter

facebook