プロジェクトの沿革

プロジェクトの沿革

三宅島大学の開校に向けて、三宅島大学プロジェクトでは慶應義塾大学・加藤文俊教授、東京藝術大学・日比野克彦教授の研究室を中心としたリサーチチームを結成。2011年6月にはじめてのリサーチを実施しました。
以降、9月の開校までに複数回島に渡り、島の地域資産のリサーチと、大学というフレームの構築を並行して進めてきました。

2011年6月リサーチチーム総勢26名が初めて三宅島入り。
それぞれが5日間島内をリサーチ。
8月上旬富賀大祭をリサーチ。
8月下旬9月開校に向けてリサーチと準備を行う。
9月19日快晴の青空のもと開校。入学生約140名が記念式典に出席。
10月20日現在 在籍学生数 約200名

twitter

facebook